【ダイエット】間違えだらけのダイエット方法 炭水化物って本当に悪いの?

スポンサーリンク



こんにちは。アメリカのパーソナルトレーナー資格を持っているアイリーンです。

炭水化物は良くないとか、たくさん有酸素運動をすることで体重を減らせると聞いたことありますか?
また1日中腹筋をすることでシックスパックになれると思っていませんか?

本日は、最も一般的な間違いだらけのダイエット法についてお話します。

間違いだらけのダイエット方法とは?

スポンサーリンク

平なお腹への近道は腹筋をすること!

ぺったんこなお腹欲しいですか?
では、1日中腹筋をしてください!!。。。っていうのは冗談です。
腹筋運動は、体幹を強化するのに最適です。

しかし、フラットなかっこいいお腹を手に入れるには腹筋運動をすることではありません。

鍵は、体脂肪をちゃんと燃やし、脂肪を減らすこと。

腹筋があっても、その筋肉の上にある脂肪で筋肉が隠れてしまっていると、せっかくの腹筋が見えません。(筋肉は脂肪の下にあり、脂肪が筋肉に変わったり、筋肉が脂肪に変わることはありません)
なので、ヘルシーに食べてHIITトレーニング(全力でやる運動と軽い運動を繰り返し行う運動)をするのが大切です。

炭水化物は食べてはダメ!

炭水化物抜きダイエットをしている方、何人も見てきました。

短期間で痩せられるかもしれませんが、これは間違ったダイエット方法です。

私たちは、エネルギー供給をするために炭水化物が必要です。

このエネルギーとは、運動する為のエネルギーだけではなく、生きて働いて、考えるエネルギーのことです。

炭水化物抜きダイエットをやって集中力が欠けたり、だるくなったりしたことはありませんか?
それは、脳が機能するために、炭水化物は不可欠だからです。

実は、果物や野菜も炭水化物なんです!
炭水化物=パン、米、麺類だけではありません!
なので、炭水化物は悪いものではありません。

良い炭水化物としては、加工されていない炭水化物(玄米、オート麦、キヌア、野菜、果物など)です。
こういった炭水化物は、食物繊維が豊富なので長い間お腹を満たしてくれます。
ヘルシーな炭水化物を食べていれば、必ずシェイプアップは出来ます。

でも、たまにお菓子とか食べたくなっちゃいますよね?
大丈夫です!
バランスのとれた食事をすることが一番大切なので、甘いもの(ドーナツ、ケーキ、クッキーなど)は、適度(1日1個とか)に食べていれば、脂肪が増えてしまうなんてことはありません。

私が筋トレが好きでたまらない6の理由

2017.09.12

有酸素運動が脂肪減少に1番良い

脂肪減少のために、数時間ランニングすることは良い方法ではありません。
楽しんでやっている方は良いですが、もし嫌々やっている方は、ランニングする必要はありません。

なぜなら、有酸素運動が体脂肪減少に1番良いということではないからです。

一番良いのはHIITトレーニングです。
HIITトレーニングは、全力でする運動と、軽い運動を組み合わせたトレーニングです。
例えば、20秒間は全力で走って、2分間ジョギングをするという組み合わせです。
これを合計20~30分やれば十分です。
HIITトレーニングが効果的である理由は、その後24時間以上脂肪燃焼することが出来るからです。
仕事のオフィスチェアに座っている時でも新陳代謝が向上しています。

筋トレをしたら太くなる

多くの人は、重いダンベルやバーベルを持って筋トレをすることで体が太くなり男っぽくなると勘違いしています。

しかし、実際には、筋トレをすることで筋肉が増え、体脂肪が減少し痩せて見えます。

また、筋トレをすると体重が増えると思っている方もいます。
確かにこれは事実かもしれませんが、あなたの体型がどのように変わっているのかは写真を撮って見るのが良いです。
体重計に乗って体重の数字を頼りにするより、見た目が一番重要です。

部分痩せすることが出来る

残念ながら、これは間違った認識です。

私たちは、皆が同じ体型というわけではありません。なので、それぞれ違う部分に脂肪があります。
太もも、お腹、二の腕など。

でも、何百回も腹筋運動をすることは、お腹の部分痩せにはなりません。
スクワットを何百回もして太もものみ痩せることもできません。

実際は、脂肪が減る=全体の脂肪が減っています。
他の部分よりも先に減ってしまう部分もあります(例えばヒップや胸など)が、部分痩せではないです。

まとめ

ヘルシーな食事、筋トレ、HIITトレーニングを組み合わせることで、引き締まったメリハリのある綺麗な体型になれます。
これをすることが1番手っ取り早い方法です。
以上、5つの間違ったダイエット法を紹介しました。

これから筋トレを始める初心者でも女性でも分かりやすいトレーニング解説本です。
もちろん、中級者や上級者にもフォームを見直すという意味でもオススメです!

【ダイエット方法】食事制限をするよりも良いダイエット方法とは?

2017.09.06

【フィットネス】体重減らないって焦ってない?体重はそんなに気にしないで大丈夫

2017.09.03

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。