【旅行】初めてのバリ旅行で気を付けた方が良い注意点

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。
仕事を辞めてから久しぶりに海外へ旅行へ行ってきました。
30ヵ国近くへ旅行へ行った私が初めてバリに行った時に感じた気を付けたことが良いことについて、書きたいと思います。

【バリサーフィン】初心者の私がバリ島でサーフィンしても大丈夫だったのか

2017.09.25

バリ島で気を付けた方がいいこと

スポンサーリンク

タクシーでのぼったくり

バリ島の街中では、たくさんタクシーが走ってます。
中でも、メーターがあるタクシーとないタクシーがあります。
メーターがある良いタクシーを捕まえれば、初乗りが7000ルピア(日本円で約60円ほど)で乗れます。
しかし、メーターがないタクシーは乗る前に値段交渉して、通常支払う分の3倍以上払わなければいけなくなる場合があります。
なので、タクシーは必ずメーターがあるタクシーを使いましょう。
私のおすすめはBlue Bird Groupという青いタクシーです。このタクシー会社は、メーターもついていて一番信用できます。
ちなみに、Blue Biro Groupという、青いタクシーで完全にBlue Bird Groupをパクっているタクシー会社もありますので、そこも気を付けてみて乗ってください。

両替する時の注意点

実際に経験したことなのですが、両替する際に気づかずに数千円取られてしまいました。
空港や、街中にあるBMCやPT. Central Kutaなど、公式な両替所は良いのですが、
街中のレートがものすごく良いような両替所は、詐欺の場合が多いです。
街中の両替所でも”Authorized Money Changer”(公式認定の両替所)と書いてある場所でも、だまされないでください!
私は1万円両替してもらったときに、その分のルピアを自分の目の前で数え、私に確認をさせ、その後、片手で私にルピアを手渡すと同時にカウンターの後ろで一瞬で数千ルピアを置いて渡されました。
私の場合、1万円が20,000ルピア(約170円ほど)が何十枚にもなって返ってきたので、一回確認したあとにもう一度確認はしませんでした。しかし、あんなに大金を変えたのにすぐにお金がなくなってしまって、もう一度街中の両替場所で替えてもらったときに、一番最初に確認した額と手渡された額が違って、気づきました。
2回目でやっと気づいたので、よかったですが、何回も両替して気づかなければ何万円も損をしていたと思うと本当に怖いです。
なので、両替をするのであれば、必ずレートが少し悪くても公式な両替場所でしましょう。

バイクタクシーでのぼったくり

バリには道端でよく”transportation?”と聞いて、バイクで自分が連れて行ってもらいたいところまで連れて行ってくれる人たちがいます。
その人たちはほとんどがぼったくりなので気を付けてください。
私はレギャンからスミニャック(タクシーで20分くらい)まで行きたかったのですが、タクシーで行けば40,000リピア(約330円)のところを、バイクでは約3倍くらいの値段の1,000,000ルピア(約840円)くらいで連れて行ってあげると交渉してくる人たちがいました。
日本で考えると、それは安いと思って乗る人もいるかもしれませんが、実際にはもっと安く乗れますので気を付けてください
公式なバイクタクシーは、GrabやGo-Jekという会社です。アプリなどで予約がスマホでバリに行く前にアプリをダウンロードしていくといいと思います。

水道水は飲まないで!

バリでは、必ずミネラルウォーターを買って水を飲んでください。
レストランで出されるタップウォーターを飲むと『バリ腹』といって、下痢になったり腹痛になる可能性があるので、
必ずペットボトルのミネラルウォーターを飲んでください。
お腹が弱い方だと、溶けた氷や、洗ったフルーツなどでもお腹を壊してしまう可能性があるので、気を付けてください。
お腹が弱い方は、腹痛薬や下痢止めを持っていくと安心かもしれませんね。

海での離岸流に気を付けて

バリは離岸流がものすごく強いです。
離岸流とは海岸に打ち寄せた波が沖に戻ろうとする強い流れの事です。
実際に、浮き輪で遊んでいた人が離岸流で流されてしまって、ライフガードに助けられているところを見ました。
私もサーフィンをしていた時に知らぬ間に結構遠くまで流されてしまって、戻ってくるのが大変でした。
浜には、赤い旗が立っているところがありますが、それは、『ここでは海水浴の人は海に入らないで』というサインなので、そこには入らないようにしてください。

まとめ

以上が私がバリで気を付けたほうが良いなと思った点です。
皆さんも気を付けてバリの旅行を楽しんでください!

【バリサーフィン】初心者の私がバリ島でサーフィンしても大丈夫だったのか

2017.09.25

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。