ダイエットしてる??極度な食事制限をしない方が良い6つ理由

スポンサーリンク



こんにちは。アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格を持っているアイリーンIreneGlobal1です。

カロリー制限をするのは、痩せる為には1番の方法だと思っていませんか?
そう思う方はたくさんいます。
でも、極度な食事制限をしない方が良いんです。

痩せるからには早く痩せたいと思うという気持ちは本当に分かります!
私も痩せるのであれば早く痩せたいと思いますが、急に多くのカロリー制限をしてしまうとリバウンドにつながってしまいます。

極度な食事制限を始めても、それを一生継続するのは難しいです。
そのうち食事制限をやめてまた元の体型に戻ってしまいます。

そうすると『あ~。またダイエット失敗しちゃった』ってなかなか痩せられません。

ダイエットをするのに食事制限をしない方が良い理由

スポンサーリンク

カロリー制限をしすぎてませんか?

まず、自分が急に痩せすぎていないかを判断するには、1週間でどのくらい体重が減ったかを見ます。
安全な体重の落とし方は、1週間に0.5‐から1kgです。
初めの1から2週間はもう少し落ちるかもしれません。
でもそれはほとんど水分量です。
1週間でもっと体重減少している場合は、早すぎる速度で痩せている可能性が高いです。
安全なダイエットでは、1日500カロリーから1000カロリーを減らすのから始めた方が良いです。
一番良いのは、食事で減らすのと運動でカロリーを燃やすことを組み合わせることです。
例えば、1日300カロリーくらい食事で減らし、200カロリーくらい運動で燃やせれば、合計500カロリー減らせます。
そうすれば1週間で0.5kgくらい痩せられます。

体が必要な栄養を取り入れるには、充分なカロリーが必要です。
なので、1日の食事は1200カロリー以下にしない方が良いです。
もし、食事が1200カロリー以下でないとダイエットが出来ないのであれば、運動でカロリー消費をしてください。
痩せるのに時間がかかってしまいますが、そうでないと危険ですので。

ダイエット続かない?何でほとんどの人がダイエットに失敗に至るのか

極度な食事制限をしない方が良い理由

栄養が足りなくなる可能性がある

カロリー制限をする際は、取り入れるカロリーは栄養分がたっぷりでなくてはいけません。
少なすぎるカロリー摂取をしていると、1日に必要なビタミン、ミネラル、炭水化物、タンパク質、脂質を充分に取り入れるのは難しいです。

お腹が空いてしまう

ダイエットをしている時は我慢出来ないほどお腹が空いてはいけません。でも、充分なカロリー摂取をしていないと結構お腹が空いてしまいます。お腹が空いてしまうと、何でも美味しそうに見えてもっといっぱい食べてしまう傾向があります。

身体的エネルギーがなくなってしまう

筋肉に必要なエネルギーを供給することは大変重要です。極端な食事制限をしてしまうと、筋トレをするエネルギーがなくなってしまう可能性が高いです。

頭が働かなくなる

カロリー摂取が少なすぎると脳がしっかりと働かなくなり集中できなくなります。そうすると、今度は糖質を欲してしまいます。それか、逆にカフェインを摂取しすぎて、夜寝れなくなってしまうかもしれません。

せっかくの筋肉が落ちる可能性がある

体の機能が正しく働くには、充分なたんぱく質が必要です。もちろん、筋肉を維持するのと増やすのにも必要です。
充分なカロリー摂取をしなければ、取り入れるタンパク質は体が正しく働く為に使われずに、エネルギーの為に使われてしまいます。
そうすると筋肉が落ちてしまう可能性があります。

長期的な食事制限は出来ない

いつも言っていますが、継続できる事でなければダイエットは絶対に続きません。極端な食事制限はずっと続けられるものではないので、結局リバウンドにつながります。

まとめ

以上、極端な食事制限をしない方が良い理由をまとめました。
安全にダイエットをしていきましょう!

合わせて読みたい:
食べ物に誘惑に打ち勝って止まらない食欲を抑える方法

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。