【海外との違い】日本とアメリカの教育・価値観の違いは何?

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。

私は学生時代の半分ずつ、日本とアメリカで過ごしてます。
その経験から、日本とアメリカの教育の違いについて書こうと思います。

アメリカと日本の教育の仕方の違いは価値観から?

最近は日本でも『個性、個性』と言われてきていますが、ことわざにもあるように『出る杭は打たれる』と、皆と違う人は軽視される傾向があります。
一方、アメリカでは『個性』がないような人は生み出したくない、個々の個性を伸ばすような教育がされています。

スポンサーリンク

質問があればいつでも手をあげてもいい?

私がしばらく日本の学校にいて、アメリカの学校に行ったときはこれが1番びっくりしました。
日本の学校では、先生が話しているときに手をあげて質問するのは先生の邪魔になるのでやらないですよね。
しかし、アメリカの学校では、生徒は先生が話している時でも質問があればじゃんじゃん手をあげます
しかも、自分の考えをきちんと述べ、先生との考えが違っていたら先生と討論を始める生徒までいました。
もちろん、先生も生徒もお互いリスペクトしあっているので、『この生徒は私と討論し始めた!怒』なんて怒り始める先生はいません。
逆に、先生の話をしっかりと聞いているということで高評価になります。
日本では、先生が最後に『質問ありますか?』と聞いた時に、質問をする生徒はあまりいません。
しかし、アメリカでは必ず質問をしてくる生徒がいます。逆に質問がないと、先生に『誰も私の話を聞いてくれなかったの~?』なんて思われると思います。質問でも、自分の感想でも何でもするところが日本と違うなと思ったことでした。

ディスカッションやプレゼンの多さの違い

日本では、大学に入るまでディスカッションや発表をすることはなかなかないと思います。
アメリカでは、小さい時から他の生徒とディスカッションをしたり、自分の発表をすることが多かったと思います。
なので、自分の意見は必ずきちんと主張をしなければいけないですし、発表をして人の前に立つことは多々ありました。

宿題の多さの違い

アメリカの教科書は、めちゃくちゃ分厚いです。
分厚い教科書を毎日1教科50ページくらい読んでワークシートに答えてきてくださいなんていうことは多々ありました。
1日、宿題に3時間くらいはかけてました。笑
日本では、そんなに多く宿題を出されなかったような気がします。
だいたい、テスト前に詰め込んで勉強するという事が多かった気がしますが、
アメリカでは、毎日読まなければいけない量が莫大にあるので、詰め込んで勉強するというのはなかなか難しかったです。
毎日コツコツと勉強してました。

電卓が使える?

アメリカでは数学の授業ですと、1万円ほどの色んな機能がついている電卓を使って数式を解いていました。
なので、アメリカで暗算を早く出来る人ってなかなかいないと思います笑
日本では、必ず自分で計算して、答えを出しますよね。小さい頃はそろばんを使ったりして。
そういうところから日本人は暗算が得意なのではないでしょうか。

授業が始まる前にアメリカの国旗敬礼をする

アメリカの教室には必ずドアの前に国旗があります。
そして、毎日、朝学校の授業が始まる前に、校内の放送でアナウンスがあります。
そのアナウンスと共に、生徒はみんな立ち上がって、国旗に向かって敬礼をして、右手を胸に忠誠の誓いをします。
毎日、自分の国に敬意を示して、学校が始まりました。

飛び級がある

日本では珍しいかもしれませんが、アメリカでは頭が良ければ良いほど上の学年のクラスにいけます
たまに、12年生(日本でいうと高校3年)のクラスに9年生(中学3年)の子がいたりしました。
頭が良く、成績が良ければ良いほど、自分のレベルに合ったクラスにいけるんです。
その9年生の子は普通に12年生の教室でも馴染んで、皆もその子に優しくしてました。

1人1人スケジュールが違う

日本だと、自分の教室の授業のスケジュールが決まっていて、時間になったら先生が自分の教室に来て授業をしますが、
アメリカは、1人1人の授業のスケジュールが違うので、生徒が先生の教室に行きます。
先生1人1人自分の教室があって、生徒がそこに集まっていくという感じになってました。
なので、毎時間一緒に過ごす生徒は違いました。
生徒1人ずつ、学校のガイダンスカウンセラーという人がついていて、
自分の取りたいクラスを、学期の終わりにそのガイダンスカウンセラーに来期はこのクラスをとりたいって打ち合わせをします。
必ずしも自分の取りたい授業をとれるわけではないですが、ほとんど自分の希望に沿った授業がとれます
(例えば、心理学やファッションに興味があるからこの授業をとりたいとか、音楽に興味があるからギターのクラスをとりたいとか。。。)
そういった方法で、高校くらいから自分の興味のあるものには率先して勉強してました。

まとめ

以上がアメリカと日本の教育の違いでした。
いかがでしたでしょうか。アメリカと日本の教育どっちが良いかは分かりませんが、
こういった違いを知っておくのも良いかもしれませんね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。