引っ越しや転勤ばかりだった私がどうやって環境の変化に対して前向きに考えていたのか。

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。

“Live life to the fullest, and focus on the positive.”-Matt Cameron
(精一杯生きて、ポジティブなことにフォーカスしよう)

私は、5年以上同じ家に住んだことがありません。
引っ越しをして違う場所に移ったり、転校や転勤ばかりでした。
引っ越す度に、新しいところに慣れるまで時間がかかるので、変化に関していつも前向きには考えられませんでした。

そういう風に、変化をすることに少なからず抵抗がありますよね
例えば、朝ごはんもそうです。
今週、何回同じような朝ごはん食べましたか?
多分ほとんどの人が同じような朝ごはんを毎日食べていると思います。

変わらない生活はなにも考えなくて良いので楽ですが、そういった『習慣』などは簡単には変えられないですよね。
引っ越しをしたり、転職をしたり、大学に入学したり。
今までいた環境から、違う環境になると何もわからないので、慣れるまで時間がかかるし。
なので、変化することってものすごくストレスになります。

そんな引っ越しばかりしていた私ですが、変化に関して前向きに考えられるようになりました。
どう前向きに考えたのか紹介します。

転勤や引っ越しが嫌な時、変化に前向きになるには?

私は、不安やストレスに感じるより、前向きに考えるには、変化を海みたいなものだと考えました
(サーフィンをして海が大好きなので笑)
3つの点を紹介します。

いつまで集団行動をして自分の時間を奪われるの?集団行動が苦手な私が絶対に集団行動をしない理由。

2017.10.09
スポンサーリンク

波に向かって潜る

大きい波が自分の目の前にある時は、怖くて後ろに戻りたくなるのですが、逆に潜って波を通り越さなきゃいけません。
人生も同じで、大きな変化に直面している時は、大変な時、厳しい時も真っ直ぐに進むしかないです。
家に引きこもって、海外ドラマを見まくったり映画を見たりするのは簡単です。
でも、変化が怖いからって避けて家にずっといたら、後で余計大変になります。

潮が満ちたりするのを理解する

海は、満潮になったり干潮になったりしますよね。
人生の中の変化が訪れた時の気分と同じです。
全部順調に行っている時もあれば、全部うまくいかないって思う時もあります。
『人生っていうのは、そういうもんなんだ』って理解していれば大丈夫です。
そうなるのが分かっていれば、どんなに大きな変化が訪れても大丈夫なように準備をしておくことが可能です。

流れに任せる

海で泳ぐ時は、海の流れに向かって進むことはできませんよね。
流れの方向に任せるしかないですよね。
なんかイライラしたりすることがあったら、『流れに任せるしかない』っていうことを思い出します。
そうしたら、必要のないストレスを感じなくても良くなります。
例えば、引っ越しして上手くいかない時があったら、流れに任せておいたら、そのうちマシになってくるって思えばいいんです。

まとめ

慣れていないことをすることってストレスだし面倒な時もあります。
でも、変化があるからこそ自分自身も成長出来るし、今までやっていた悪い習慣をやめられる良い機会です。
なので、『変わること』に関して前向きに考えていきましょう!
ここから良くなることしかありませんから。

趣味を見つけたことでモチベーションアップにつながり人生が変わった話。

2017.10.10

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。