【フィットネス】ヤケ食いを辞める方法

こんにちは。アイリーンです。

ヘルシーな選択をしようと思って、おやつ代わりに野菜を食べて、そのあとにチーズを食べて、だんだん知らない間にクッキーとかチョコレートを食べちゃったりするときないですか?
私はたまにあります。。。汗
んで、結局自分のことを責めちゃったり、罪悪感が出てきたり。
実際にお腹が空いていない時に食べちゃう時。英語でいうとemotional eatingって言って、気を紛らわすために食べちゃうこと。
ヒマだと食べちゃう時とかですね。
一人暮らしをしている時とか、ヒマすぎて何か口に入れてないと寂しくなったり食べ物の事考えちゃったり。

そんな食いしん坊なアイリーンですが、本日はemotional eatingを辞める方法について書きたいと思います。

自分自身と向き合う

ヤケ食いをしているときって、ネガティブな感情からの解放されて、怒り、悲しさ、寂しさを感じているときに瞬間的な喜びと満足感が得られますよね。
食べている時は、私たちのネガティブな感情を和らげ、そういったネガティブな感情を忘れさせてくれます。
でも、ヤケ食いを辞めるには嫌な感情や気持ち、自分自身の気持ちと向き合うことです。
ヤケ食いをしてしまった後の罪悪感や怒りがある時もそうです。
自分自身と向き合い、体に優しくすれば、ヤケ食いをしなくても大丈夫っていうことに気づけます。

ポジティブに考える

人生の中で一番なのは、何でも楽しむことです!
いつも飲んでいるお水にフルーツを足したり、心地いい服を着たり、泡風呂に入ったり。
食べること以外に体に良いことをしてみてください。
ヤケ食いをしている時には、それを完全に楽しんじゃってください。
座って、一口ずつ味わう。
食べることがどれだけ良いことかということにフォーカスすれば、罪悪感など感じなくて済みます。
ほとんどの場合は、emotional eating は自分が何か楽しいことをしたいと思っているからです。

本当にお腹が空いている時しか食べないこと

ヤケ食いを良くする人は、お腹がが空いていても食べないで、結局は爆発して多く食べてしまっていることが多いです。
そうならないためにも、本当にお腹空いている時は、栄養がある食べ物を食べてみてください。
ダイエットしている間は体が飢餓状態になっていると思っている場合が多いので、逆に脂肪を蓄えてしまい、カロリー消費をする力が失われてしまいます。なので、空腹時の際にはきちんと食べて、体に体重を落としても良いんだということを気づかせてください。

原因を見つける

やけ食いを良くしてしまう理由を考えてみてください。
独りぼっちで寂しいと感じる時に食べてしまうのであれば、友達を呼んだり、日記を書いたり。
家にお菓子があると食べてしまうのであれば、冷蔵庫の中には、ヘルシーで美味しい食べ物ばかり置いておくなど。
あとは、友達との約束を計画したり、リラックスできる時間を確保してみてください。

最後に自分自身に自信を持つ!

私が、日本に戻ってきて感じたのは、日本人は自分自身に自信がない子が多いです。
自分自身の良いところを見つけていれば、自分を変えたりしたいと思わないと思います。
他の人と比べるのではなく、『自分』というものを持ってください。
私たちは、周りからメディアが作った理想や憧れの体型にならなければいけないと思いがちですが、
自分自身に自信を持つのが、精神的にも体にも一番良いのではないでしょうか。

まとめ

以上で、私がヤケ食いを辞められた方法を紹介いたしました。
少しでも参考になればうれしいです。

私の記事を読んで少しでも参考になりましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA