【遠距離恋愛】1万キロも離れているのに関係を続けられた理由

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。

私は、3年間遠距離恋愛を経て結婚をすることになりました。
本日は、遠距離恋愛で続いた理由を書きたいと思います。

『日本国内でも遠距離恋愛は大変なのに、どうやって海外の人と続けられたの?!』とか、『絶対彼氏浮気してるでしょ!続かないよ〜』とか悔しいことを色々言われたりしました。
結果的には、結婚まで辿り着くことが出来ましたが、どうやって?!という質問に答えたいと思います。

遠距離恋愛を続けていくのに、大切なこと

私が、旦那と遠距離国際恋愛を3年間続けてきて大事だなって思ったのは4点あります。
 

スポンサーリンク

1.相手を信じること

はい、こんなに簡単なことで、『そんなの知ってるよ!』って思う方ごめんなさい。

でも、本っっ当に相手を信じる心が1番重要だなって思いました。

相手を信じられなければ、遠距離恋愛って続けるのは難しいと思います。だって、 遠くにいるから本当のことは一生わかんないのに、信じなかったら、何も悪いことしていない相手を責め続けるのと同じじゃない?信じてあげれなかったら、自分は一生彼のこと疑って、頭がおかしくなっちゃいそう!

だから私は、相手が言うことは絶対に信じるようにしてました。もし、怪しいことがあったとしても、彼が違うって言っているならそう信じてあげるのも必要だと思っています。実際に、怪しいことをしているのを自分の目で見てしまったら、それはしょうがないけど、見ていないのなら信じてあげたいですよね。

2.毎日連絡をとること 

これを見て面倒だなって思った方、それやってるなって思った方様々だと思います。
これはあくまで私の場合ですが、私と彼は毎日連絡取ってました。今でもとってます。それは、電話でもメッセージでもどっちでも良いです。とにかく、相手の為に少しでも時間を取ること。
遠距離恋愛なんて、連絡取ってなかったら勝手に関係は消滅してしまいます。だって連絡なければ一生会わないんですから。
スイスと日本は夏時間は7時間、冬時間は8時間の時差があるので、私が朝起きたら、スイスは夜中っていう感じでした。
なので、最低限でも『おはよう』『おやすみ』ラインは絶対にしてました。
暇な時はビデオラインとか、スカイプしたり、映画をスカイプ通して一緒に見たりとかしてましたw 

3.会う努力をすること

私は半年に1回くらいしか会えなかったけど、この半年に1回でも会う努力をしなければ、関係を続けるのって難しいと思います。お互い会う努力をしなければ、一生会えないし、やっぱり寂しいじゃない?
次会うまでにはもっと可愛くなろうとか、会うためにお金貯金しようとか、そういうモチベーションを上げながら頑張ってました!
 

4.自分1人の時間を楽しむこと

彼と会えない分、自分の時間って増えるじゃない?会えないことをポジティブにとって、『この時間って自分が好きなことすれば良いじゃん!』と趣味のサーフィンや、読書などに没頭してました。彼と私の趣味は全然違うので、会えない時間に自分の大好きなことをやって気を紛らわせてました。

 

まとめ

こんな感じで、私と彼は1万キロも離れているのに関係を続けてきて、結婚まで至りました。遠距離恋愛するからには、それなりの覚悟が必要だと思います。彼と全然会えないし、寂しいし、、、複雑な気持ちだけど、でもこんな感じでポジティブに受け取ってやってきました。

私の経験が少しでも参考になれたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。