【英会話編:語学勉強法】1年でネイティブレベルの英語を習得した勉強方法とは?

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。
最近は、グローバル化していることで、仕事で英語を使ったり、英語が出来る人は出世コースに入ったり、ビジネスでも大変重要視されるようになっていますね。実際、私が働いていた外資系会社では課長クラスになると会議が英語で行われていたりしてました。
そんな英語ですが、サラリーマンの方など電車や交通機関で勉強されていることを良く見かけます。
多くのビジネスマンが英語を話せるようになるのを望んでいるのではないでしょうか。
私は現在、3ヵ国語(スペイン語、英語、日本語)を話すことが出来ます。
本日は、私がどのように英語を勉強していったのかについて書きたいと思います。

【英語学習】リスニングスキルを上達させる5ステップの方法

2017.10.05

アイリーンの生い立ち

まず、皆さんにお伝えしておきたいのが、私はアメリカに合計11年間住んでました。
ここで、『そんなんだったらもちろん英語話せるでしょ。』って思った方いらっしゃると思います。
確かに、11年間も住んでいたらある程度は話せるようになると思います。しかし、実際は、私は生まれてから6歳まで、そして中学生と高校生の5年間アメリカにいました。
小学校は日本で、英語は完全に忘れてしまいましたので、中学校から0からやり直しで英語を死ぬほど勉強しました。
5年間といえば絶対話せるようになると思うかもしれませんが、そんなことはありません。
私の周りで、アメリカに7年いたけど全然上手く英語が話せるようにならない人はたくさんいました。
アイリーンの詳しいプロフィールはこちら
それはなぜかと言いますと・・・

スポンサーリンク

英語は話さなければ上達しない?

アメリカに行って、英語が上達して帰ってくる人と上達しないで帰ってくる人の差は、話す量です。
もちろん勉強しているのは前提です。

勉強している人の中でも、7年もいて全然話せない人と1年で話せるようになる人の差は、他の人と英語で話す多さの違いです。

私の周りで、アメリカにいるのに日本人とばかり吊るんで日本語ばかり喋っている人がいましたが、その人達の上達の時間は、下手でも頑張って英語で伝えようとして英語を話す人と比べても全然遅かったです。

私はたまたま環境が良くアメリカにいたので良かったかもしれませんが、日本にいる方はなかなか英語を話す機会がないと思います。

そういった方は、間違えても良いから、恥ずかしがらずに英語の先生と話したり、自分で言いたい事を英語でどういうのか考えてみたりして文章を考えて自分で話したり、ノートに書いたりするのが一番だと思います。

恥ずかしがらずに英語を話す

私はしばらく英語の先生もしていました。
その中で、気づいたことは、日本人の皆さんは、間違えることを恐れる方が多いということです。文法が間違ってないか気にしてなかなか英語を発することが出来ない方もいらっしゃるかと思いますが、英語は伝わればいいのです!
アメリカ人でも、文法を間違えて話している人はたくさんいます。なので、文法が間違っていようが恥ずかしがらずに話せば、指摘ももらえるし、だんだんと伝え方がわかるようになります。
話さなければ、間違っていることさえわかりませんので、是非何でも良いので話してみてください。

とにかく読んで読んでよみまくる!

私が、英語を話せるようになった方法として、英語の本を読んで読んでよみまくりました
英語の本を読んで、わからない単語は調べてを繰り返してました。

そうすると、単語も覚えられるし、こういう言いまわしもできるんだなということがわかるようになります。
本には、何度も同じ単語が出てくることがありますので、同じ単語に触れる回数が多いほど、覚えられる可能性は高くなります

オーディオブックでリスニングする

読むのが面倒くさくなったら、オーディオブックで、リスニングの練習もできます!
目で読まなくても、耳で英語を聞いて何を言っているのか理解しようとするのも良いと思います。
リスニングには最適です。
ちなみに、オーディオブックのFeBeは、NHKの英語などがあります。
アマゾンAudibleオーディオブックだと、洋書などもあるので、アマゾンAudibleは、洋書を耳で聞きたい方に最適です。

音楽を聞く

私は、英語の音楽もめちゃくちゃ聞いてました!英語の音楽の歌詞を聞いて、歌詞を翻訳してました。
この単語はこういう意味なんだとか、こういう言い回しもあるんだ~っていう感じで勉強しました。
私は音楽を聴くのは好きなので、楽しみながら英語を勉強できるっていうのはすごく私にとっては良かったです。

映画やドラマを英語で見る

映画やドラマも英語で見て、なるべく字幕は読まないようにして観てました。これは、リスニングの良い機会になります。
目で見て、なんとなくこう言ってるなっていうのが映画やTVだと想像が出来るので、英語で聞くことの良い練習になります。

まとめ

今回は、私がどのように英語を話せるようになったのかを書かせていただきました。
私はすぐ飽きてしまう性格なので、一番は楽しんで勉強することで、工夫をして音楽や映画から英語を学んだりしました。
他にもいろいろと勉強方法はあるかと思います。今回は英会話の勉強方法ですが、私が勉強した方法が皆様の英語の勉強法の参考になれば幸いです。

実践英語を1日1題。着実に英語力を伸ばすなら、【 HiNative Trek 】

【英語学習】リスニングスキルを上達させる5ステップの方法

2017.10.05


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。