【国際結婚】退職後の保険や年金手続きはどうなるの?

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。

私は2017年の夏にスイス人の旦那と入籍しました。その際、2年半働いていた仕事を辞めました。私のケースは結構珍しいかもしれませんが、スイスに行く前に家族と過ごす為に、旦那はスイスで、私はしばらく日本にいます。
その際の国民健康保険や年金の手続きはどうなるのかという事について書きたいと思います。

夫の扶養には入れない?

日本では年金を払うのは義務づけられています。年金を払いたくないから払わないという選択肢はございません。

被保険者は3種類に分かれています。

1.第1号被保険者

自営業者、無職、フリーター、アルバイト、学生など

2.第2号被保険者

サラリーマン、公務員など

3.第3号被保険者

サラリーマン、公務員の配偶者

上記のようになってます。

私は今まで仕事をしていたので、第2号被保険者でしたが、仕事を辞めました。

保険はどうなるのか気になり、夫の扶養(スイスでサラリーマンをしている)に入れるのか聞いたところ、入れないと言われました。相手は日本の年金加入してないので、私は第一号被保険者として、スイスに行くまでは年金を払う義務があるらしいです。

1年ほど日本にいる予定なので、結構キツイです>< スポンサーリンク

国民健康保険はどうなるの? 

スイスでは、保険は旦那さんが家族のメンバーの分を払うみたいで、スイスで旦那が私の分の保険も払ってくれたら良いのかなと思ったのですが、日本に住んでいる限り国民健康保険は必ず払わなければいけないらしいです!

退職をした場合は、今まで会社で入っていた保険から国民健康保険に切り替えるか、任意継続で会社の保険をキープするかの2つの選択があります。どちらも保険給付内容は同じですが、保険料が違います。住んでいる市区町村によって計算方法が違うので、一度役所に行って聞くか、役場のホームページで計算してみてください。私も計算しましたが保険料が全く違ってびっくりしました。

任意継続の場合は、退職後20日以内に必ず加入手続きをしなければいけません。

1日でも遅れると加入出来ないので、必ず20日以内に手続きをしてください!

まとめ

私のケースは珍しいケースかもしれませんが、もしかしたら私のケースの方がいらっしゃるかもしれないので、一応参考として記載させていただきました。
手続きは色々面倒ですが、皆さんも頑張ってください。
私の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。