日本人は人と比べてしまう人が多い?人と比べたって意味がない。

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。

普段の生活の中で、人と比べる時ってありますか?
自分よりこの人は仕事出来るとか、あの人は私より頭が良いとか。

少なからず人は他人と比べてしまうと思います。
それは世界共通していることです。

でも、アメリカに住んでいた私が日本に帰ってきた時、真っ先に思ったのは、『日本人は人と比べる人が多いな』ということ。
日本はアメリカよりも人と比べることが多いです。
昔からそういう環境の中で育ってきたので、しょうがないと思います。
学校では、期末テストの成績順に並べられ、順位が掲示板に貼られたり。
仕事でも、営業をすれば実績順位が発表されたりと。
必ず比べなきゃいけない環境の中にいるんです。

でも、そんな環境でも私は絶対に人と比べることはしませんでした。
人と比べても自分のメリットにも何もならないから。

“Comparison is the death of joy.”-Mark Twain
(比較することは、喜びの終わりである)

日本人は人と比べてしまう環境にいる

私は仕事を始めて、仕事の関係上資格をとらなければいけませんでした。
その資格をとるために、毎日模試があったのですがそのテストの結果は上から順番に名前と一緒に貼りだされました。
でも、その試験はテストの80%以上点数が取れれば絶対に合格するものでした。
私は順位が悪くても、私の目的は『資格試験に受かること』だったので、ぜんっぜん気にしてなかったです。
でも、周りの子は私よりもぜんっぜん点数が良いのに順位が悪いからいつも『やばい、やばい!!』って言って、
めっちゃ落ち込んでる子もいました。
私は『え、別にやばくなくない?普通に80%以上とれてるから、資格受かるっしょ。』って言ってたんですけど、
それでも他の子は他人と比べて順位が悪いからめっちゃ鬱っぽくなっちゃってる子もいて、私からしてみれば、すごくアホらしかったです笑

▼合わせて読みたい:
いつまで集団行動をして自分の時間を奪われるの?集団行動が苦手な私が絶対に集団行動をしない理由。
やりたいことが見つからない?常識やメディアが自分の本当にやりたいことを制限させているのかも。

スポンサーリンク

人と比べてしまうとどうなる?

人と比べることで起こってしまうことについて書きます。

他の人と比べても絶対に自分よりも上手い人、下手な人はいます。
でも自分が他の人と比べてどの位置にいるかなんて知ったって、自分が本当にやりたいこととは関係ありません。
意味がありません。

・他の人が自分よりも劣っているから、その人たちをバカにしてしまう。
・他の人が自分よりも良く出来ていたら、その人のことを嫌になってしまう可能性もある。
・他の人より良く出来たことを自慢してしまう。(誰もそんなのは聞きたくない)

どうやって人と比べるのをやめればいいの?

では、どうやって人と比べるのをやめられるかについて紹介します。

自分の目的は何なのかを知る

先ほどの私の体験から説明しますが、仕事をしている時、私の目的は『資格試験に合格すること』でした。
その目的が明確になっていれば他の人がどうであろうと、自分には関係ない話です。

私の目的は:試験に合格すること
他の子の目的:他の子よりも順位を上げること
にしか、見えませんでした。

80%以上ないと合格できない試験でしたが、例えば他人の平均が60%で、自分がそれよりも良い65%あったとして『他人より点数が良い!』って思っていても、それでは試験に合格できません。

なので、他人と比べたって意味がないんです。

他の人が自分よりお金持ちであろうと、比べたって自分はお金持ちになりません。
他の人がもらった内定が10社で、自分は1社でも結局就職するところは1社しかないんだから、
比べたって意味はありません。
他の人が自分よりも細いからって、自分の体型は変わりません。
結局比べてたって何も変わりません。
なので、自分の目標を明確にすることが大切です。

自分の強みにフォーカスする

自分の弱みにフォーカスするよりも、強みにフォーカスしてください。
自分の強みを分かっていれば、他の人がどうであれ、自分に自信をもつことができます。
自信があれば、他の人がどうであろうと気にならなくなるはずです。

完璧にはなれないことを知る

完璧な人なんていません。あなたも完璧にはなれないし、誰も完璧にはなれません。
私も完璧とはかけ離れていますが、でも『完璧にならなくても良いんだ』っていうことを忘れずに日々生きてます。
もちろん、上達するために頑張るのは必要です。
でも、自分が思う完璧には一生なれません。

自分の人生にフォーカスする

他の人と比べて自分がどの位置にいるか気にしないでください。

人生は競争ではありません。

自分の人生は、他の人が自分より良いものを持っていようと、自分よりも仕事が出来るであろうと全く関係ありません。
自分の人生で重要なのは、自分が何がしたいか、どこにいきたいかです。

感謝する

他の人が持っているものを欲しがっていたら、一生他人と比べる人生を送ります
どれだけお金を持っていようと、どれだけテストで点数が良くても、もっと欲しい、良くなりたいっていう気持ちは一生収まりません。
そうではなく、自分はこれだけ持っているんだ、こんなに才能があるんだって感謝してみてください。
そうしたら人と比べなくてもよくなるかもしれません。

人と比べない生き方を教えてくれた本

私がこういう風に考えられたのは、この本のおかげです。
知らない人はいないと思いますが、

星の王子さまは自分の人生で何が1番大切なのか教えてくれます。
子供の時に読んだ本かもしれませんが、これは大人になってもう1度読んでも、素晴らしい教訓を教えてくれます。
大人になってから読んだら、子供の時に読んだ時に感じたこととは違う印象を持つと思います。
1回小さい時に読んだ方でも、大人になってからもう1度読んでほしい一書です。

まとめ

以上、私がどうやって人と比べないかについて紹介しました。
他の人と比べたって一生幸せにはなりません。
他人は他人、自分は自分。
自分の軸をしっかり持っていれば絶対に大丈夫です。

▼合わせて読みたい:
いつまで集団行動をして自分の時間を奪われるの?集団行動が苦手な私が絶対に集団行動をしない理由。
やりたいことが見つからない?常識やメディアが自分の本当にやりたいことを制限させているのかも。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。