残業したくないのはわがまま?甘えなんかじゃない!

スポンサーリンク



Concord90 / Pixabay

こんにちは。帰国子女のアイリーンIreneGlobal1です。

仕事を辞めてしばらく経つのですが、専業主婦って暇すぎて早く仕事したいっていう気持ちが出てきました。
でも正社員に戻ってしまうと、土日出勤だったり残業で夜遅くに帰ってきたりで家庭と両立するのが難しいなと思って、
時間が決まっている派遣が良いな~なんて甘い考えで最近仕事を探してます。

転職活動を続けている中で感じたのが、正社員であると『残業するのは当たり前』という感覚が多くの人の中であるということです。
もちろん、残業がない企業もあると思いますが、多くの企業では未だに残業するのは当たりまえと思ってます。

私は、就職する上で派遣でも正社員でもどちらでもいいので、特にこだわりはないのですが、正社員だと『責任がもっと重くなるので、残業するのは当たり前』という感じで派遣会社の方も言ってきます。

でも、よくよく考えると『残業すること自体おかしい』ですよね。
だって、就業時間は決まってるんですから。
9時から17時半までの契約で働いているはずなのに、それ以降まで働くってこと自体おかしいと思いませんか?

上司が残っているからいないといけない
とか
俺たちは今まで残業してきたんだから新人も残業しなきゃいけないんだ!
っていう考え自体普通に考えると、全然意味がわからないですよね。

スポンサーリンク

過剰なサービスが残業をする原因でもある

日本は、おもてなしという言葉があるほど、サービス精神が強いですよね。
それほどサービスをするっていうこと自体にはとても長けています。
しかし、過剰なサービスを期待するが故に残業をしなければいけなくなってしまうのかもしれません。
アメリカなどいくと、お店とか17時閉店だと、16時58分くらいに『閉店なので出て行ってください』と言われます。
えーあと2分あるじゃん!って思うんですけど、もうダメです笑
日本では考えられませんよね。でもそれくらい割り切っていると、何も感じなくなります。
でも、日本だとそういうお店があれば『この店は店員の態度が悪い!2分あるのに店から出ろって言われた』とかいって文句言う人は必ずいます。
そういった理由から、日本人は残業をすることが当たり前になってしまったのかもしれません。

まとめ

残業するのが当たり前になっている日本は、最近働き方改革なんてやっていますが、あまり変わってないと思っている方がほとんどです。
そんな日本もこれから変わっていければいいなと思いますが、残業したくないのは甘えなんかではないと思います。
それが普通なんですから。
発展途上国ではないのに、働き方は思いっきり発展途上国ですよね。
そんな日本がこれから変わっていけばいいなと思います。

ちなみに、自分が市場でどれくらい市場価値があるのかなって気になる方MIIDAS(ミーダス)
がおススメです。
無料で登録出来て、想定オファー年収と選考条件に合致した企業数が数値で出てきます。
ちなみに私は500社で、702万円でした笑 その後面接確約オファーなど出てきます。
そんなに価値あんのかなって思っちゃいますが、やってみるだけでも面白いと思います。
ぜひ気になる方はMIIDAS(ミーダス)
でやってみてください。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。