アメリカに渡米したら性格は変わった話。アメリカ人の性格の特徴は?

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。
私のブログを読んでくださっている方は知っていると思いますが、私はアメリカと日本行ったり来たりの人生でした。
詳しくはこちらのプロフィールを読んでください。
13歳の時、渡米したのですが、その頃の年齢って環境に相当影響されるんですよね。
小学校は日本だったので、性格はザ・日本人でした。
でも、アメリカに行ったら相当感化され性格はアメリカンみたいになりました。笑
高校生くらいの時に性格って決まっちゃうのかな~って思うんですけど、
今日は私がどう変わったのかについて書きます。

性格は相当環境に左右される

私は、父親の仕事の関係で小さい頃から引っ越ししてばかりでした。
それのせいか、環境適応力は高い方です。
なので、環境によってその文化にめっちゃ適応しちゃいます笑
初めのうちは、

アイリーン
なんでこんなとこに引っ越ししなきゃいけなかったの~!!!もうやだ~!!
って愚痴りまくってるんですけど、
そのうち勝手に馴染んじゃってます。

スポンサーリンク

人の目を気にしなくなった

日本人の良いところは、人がどう思うかを気にして配慮が出来るところ。
他の人の配慮が出来るのって本当に素晴らしい。
でもそれが理由で、人の目を気にしすぎて自分を全然出せなくなってしまうんですよね。
アメリカで過ごした私が日本に帰ってきたときにすごく息苦しく感じた。
どれだけアメリカで過ごすのがフリーだったのか。
本当に”FREEEEEEDOM!!”(自由)って感じだった笑
アメリカ人は、周りの人が自分の事をどう思うか構わずに自分を出しまくってる
自分の思うことははっきり主張するし、自分がやりたいことはやる。
例えば、大学在学中で途中で1年間旅行行きたくなったから休学して旅行行ったりとか。

色々なことに縛られなくなった

日本に住んでいると『これはこう、あれはこう』ってやることに関して決まってる道がある
例えば、良い大学に行って、良い会社に就職して、ずっとそこで働くっていうレール。
就職活動の際も、大学卒業してから『1年間世界1周したいから行ってきまーす』っていう選択がなかなかない。
そうしてしまうと、人事に悪い印象を与えて採用してもらえないから。
でも、アメリカは色々な人がいるし、background(その人が育ってきた経緯)が違うから
考え方も違う人ばかり。
他の人と違うことをしてるからって悪いわけではない
そういう環境で育つと、『これをしちゃダメだ』っていう縛りがなくなって楽になった。

やりたくないことはちゃんと断るようになった

日本だと断るっていうことがなかなか出来ない。断ると失礼みたいな風潮があるから。
でも、アメリカでは断るから失礼というわけではない。
例えば、チョコレートを手渡しされたときとか。別にいらなかったら普通に”No thanks.”
ただ、自分がいらないからorやりたくないから断ってるだけで、
断ったからと言って他の人をoffend(傷つける)しようとしているわけではない

アメリカ人も”No”って言われたら、”Oh, OK!”な感じで特に気にしない。

他の人を受け入れられるようになった

先ほどもお伝えしたように、アメリカはbackgroundが違う人たちの集まりです。
違う文化の環境で育っている人が多いので、他人は自分と違うっていうことをaccept(受け入れる)ことが出来るようになりました。
自分の『常識』はずれのことをやっている人たちに対しては『へぇーこんなこともやるんだー』とか、
『あの子はこういう子だからしょうがないねー』ってもっと寛容になれました。
ちなみに、日本では『常識』っていう言葉よく使いますが、アメリカでは『常識』って言葉あまり使わない。
多分、人それぞれ『常識』って違うからだと思う。色々な環境で育っているから、自分の常識は他の人の常識と違うってことみんな認識してるんだと思う。

fake(偽物の自分)にならず、the real me(本物の自分)でいられるようになった

よく日本では、本音と建て前があるので、思っていないことを言う時って多々ありますよね。
でも、アメリカだと本音と建て前なんかありません。
すべて本音で話します。相手のことを傷つけそうなことは、”no offense…(悪く言うつもりはないんだけど)”って先に言ってから、傷つけないように言います。
自分が思ってないことは『私もそう思う~』なんて同意しなくて大丈夫です。
自分と思っていることと違うことを相手が言っても、無理やり同意はしないし、
普通に『え、そう?違うっしょ~』みたいな感じで自分の意見をはっきり言います。
日本で、上司にそれやったらめちゃくちゃ嫌われちゃいましたけどwなので、日本ではTPOを踏まえてます笑

まとめ

アメリカで育って良かったのは、自分自身を受け入れることが出来るようになったし、
私はこうだからこのままでいいんだ!って思えるようになったこと。
だから、息苦しさもなくなったし、自由に生きても良いんだって思えるようになりました。
日本かアメリカどっちが良いっていうのはないと思うし、どちらもいいところはあると思う。
だから、両方の良いところをとっていけたら1番良いかなって思います。

【海外との違い】日本とアメリカの教育・価値観の違いは何?

2017.09.28

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。