ダイエットをしていてもスイーツやお菓子を食べても良い理由

スポンサーリンク



こんにちは。アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格を持っているアイリーンです。

私は昔から甘いものが大好きで、毎日チョコレートやクッキーを食べていました。
それが理由で高校生になって思春期を迎えてから、ものすごく太ってしまい、
何度も

アイリーン
もう一生スイーツは食べない!
って誓いました。
でも、やっぱり1週間くらい経ったら我慢できなくなって爆発して過食して、リバウンドの繰り返しでした。

そんな私は、何度もダイエットに失敗してから、スイーツは私では手放せない存在だと分かり、どうすれば良いのかすごく悩みました。
色々なダイエットをして、試行錯誤し、結果8kgの脂肪を落とすことに成功しました。

スイーツやお菓子を食べてもダイエットは成功させられるの?

【ダイエット】ヤケ食いばかりしていた私がヤケ食いを辞められた理由

2017.09.11
スポンサーリンク

何故ダイエット中でもスイーツを食べるべきなのか

完全にスイーツやお菓子を食べないのは、実は良くないダイエット方法です。
全く食べないと、私みたいに我慢できなくなって爆発して過食に走る可能性が高いから。

ダイエットは、リバウンドしていては意味がない。

なので、ちゃんと食事を食べ、たまにお菓子やスイーツを食べるようにしました。
そうすると、今までダイエットをしていたら精神的にもストレスで、食べもののことしか考えられなくなっていたのに、
初めてストレスなしで痩せることが出来るようになりました
もちろん、野菜、果物、タンパク質、ヘルシーな脂肪から良い食事を食べることは前提です。1日3回もスイーツを食べるなんてことはしませんでしたが、アホみたいに『甘いものが食べたい!!!!』って我慢が出来ないなんてことはなくなりました。

皆が思う『ダイエット』とは全く反対のことをしていましたが、ダイエットが間違った方向(精神的にやられたり、甘いものが我慢できなくなってしまったり)に行かない良い方法でした。

ダイエットのせいで、ストレスになっていては意味がありません。

どうすれば良いの?

先ほどもお伝えしましたが、脂肪を減らそうとしている時、1番やってはいけないのは全てのスイーツやお菓子を禁止すること
この考え方は、ダイエット方法としては上手くいかず、余計に脂肪が増えてしまう可能性があります。

より効果的な方法は、甘いものやお菓子が食べたいと思ったら、少しずつ食べることです。
少量のお菓子でも、『お菓子は食べちゃいけない』よりも『お菓子を食べていいんだ』っていう考えがストレス解消にもなるし、ダイエットを続けやすくなります。
1カップのアイスクリームを食べたから、箱に入っていたすべてのアイスクリームを食べてしまったりなんてことも、もうなくなります。
摂取するカロリーの10~20%はおやつにあてても良いです。
脂肪減少をさせるための鍵は、ポーション(食べる量)に気を付けること。
お菓子を食べても、量さえ気を付けていれば脂肪を減らすのは簡単です。

まとめ

自分の限界がどこなのかを理解して、ダイエットをしている時に我慢できなくなってしまう理由を見つけてください。
でも、自分が大好きな食べ物を禁止しないでください。
それがダイエットをしていて、失敗する理由の一つですので。

【ダイエット】ヤケ食いばかりしていた私がヤケ食いを辞められた理由

2017.09.11

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。