外資系企業で総合職として働いていた女子が給料よりもやりがいを大切にした方が良いと思う理由

スポンサーリンク



こんにちは。帰国子女のアイリーンです。

私は昔からキャリアウーマンになってバリバリ仕事をするというのが夢でした。
なので、外資系企業に入って総合職の営業をしてました。
『あー、嬉しいな。これでやっとキャリアウーマンになってカッコいい女性になれる!』って思ってましたが、
実際仕事を始めると仕事ですからそんな簡単なことではありません。

だんだんと仕事に追われ毎日ストレスを感じる日々。

アイリーン
私は何のために仕事をしているんだろう?キャリアウーマンになってバリバリ仕事するのが憧れだったけど、ストレスしかないし楽しくもなんともない
と思うようになっていきました。

傍から見たら、『外資系企業で総合職として働いている』なんていうとめちゃくちゃバリバリ仕事をするキャリアウーマンなのかもしれません。
でも、自分では仕事をしていても楽しくないし、バリバリ働いている感なんて全くありませんでした。
毎日仕事に追われ、週末も仕事ばっかり。自分の時間なんて完全に楽しめません。

キャリアウーマンになりたかった理由

私は、キャリアウーマンになりたいなって思っていた理由は5つあります。

1.かっこいいから
2.自分でお金を稼いで他人に頼らない生活をしたかったから
3.キャリアウーマンって活き活きしていて人生楽しそう
4.良い大学を卒業したのに、バリバリ働かないなんて意味がない!
5.お金持ちになりたい

こんな漠然とした理由です。

特にお金を稼ぎたいっていう想いが強かったので、給料の良さを重視して仕事を選びました。

スポンサーリンク

待っていたのは楽しくない日々

給料の良さを重視して仕事を選んだので、もちろん自分の好きなことではありません。
給料が良くて自分の好きなことであれば1番良いのですが、なかなか難しいですよね
私はフィットネス・栄養関連が好きですが、そこで働いても給料は低いんだろうなっていう勝手な先入観(ごめんなさい)があり、その業界は選びませんでした。

でも、自分の好きなことでないので、だんだんと毎日の仕事が苦痛に感じるようになりました。
『これは自分で選んだ仕事なんだから割り切らなきゃ!』って思うんですが、
楽しくない気持ちの方が先行してしまいました。

段々と『辞めたい』『給料が良い仕事とは言え、ストレスがやばい』『もうこの仕事無理・・・。』とネガティブな感情ばかり募ってきて、毎日『こんな仕事なんか早く辞めたい』という気持ちでいっぱいでした。

関連記事:新卒で仕事が嫌すぎてたまらなかった私が思う辞めどきのサイン

仕事は3年続けろって言うけど・・・

世間では、『仕事は3年間続けたら自分のやりたいこと、やりたくないことが見えてくるから3年は続けなさい!』『とりあえず3年続けろ。』って言われてますが私は結局2年半続け仕事を辞めました。

自分でもこんなに長く続けられたのがびっくりですが、3年は無理だと思い辞めました。

でも、辞めて全く後悔はありません。
むしろ、毎日自分の為になることをして本当に幸せです。
辞めたら本当にストレスから開放され、今は完全にストレスフリーです。
3年間続けなくたって辞めたい気持ちは絶対に変わってなかったと思います。

『辞めたい』って何度も感じながら仕事をするくらいなら辞めて違う職を探す方がマシです。
次の職が今の職よりも給料が低くても。

私は、嫌な思いをしながら時間を過ごしても自分の足しにもならないと思いました。
時間が無駄だなと思い、思い切って辞めました。

仕事を探しているなら給料よりもやりがいを重視した方が良い

これは自分の経験上から言うことですが、私は『仕事は給料よりも自分の好きな事をした方が良い』と思います。

もちろん、『給料が良いから』と割り切れる人はその仕事でも良いと思いますが、私みたいに給料が良くても楽しくないっていう気持ちが先行してしまう人はやりたいことをした方が絶対に良いと思います。
やりたいことを仕事にしている方が活き活き出来るし、毎日8時間以上を無駄にせず楽しく過ごせると思います。
だから私は好きなことを仕事にしている人って本当に良いなって思います。

1日自分の起きている時間の半分以上は仕事をしているのに、その時間ずっとやりたくないこと出来ますか?

私の考えを変えた本

仕事を辞めたいって思っていた時に出会った本田直之さんの本です。
彼は自分の好きなことを仕事にしていて、しかも1つの固定された場所だけで仕事をしているわけではなく、自分の好きなところ(東京、ヨーロッパ、アジア)で仕事をすることを実現しています。
私はとてもインスパイア(inspire:感化)されました。そんな生き方が可能なんだ!って。

私も旅をするのが大好きだし、将来スイスと日本を行ったり来たりしなければいけない人生になると思うので、(なんのこと?って思う方は私の詳しいプロフィールを読んでくれたら幸いです)本当に最高の生き方だなと思って尊敬しています

10代や20代の方でこれから就活をする方や、自分の好きなことをキャリアにしたい方、自分のキャリアに迷いがある方、旅が大好きな方にオススメの本です。

『20代のうちはお金を払ってでもやりたい仕事に就くといい。金銭面で少々周りと差がついても大丈夫。そういう仕事の選び方をしていれば30代、40代で取り返せます。』本田直之

まとめ

以上、私が給料よりもやりがい、自分の好きなことを仕事にした方が良いと思う理由でした。
参考になれば幸いです。

合わせて読みたい:
やりたいことが見つからない?常識やメディアが自分の本当にやりたいことを制限させているのかも。
新卒で仕事が嫌すぎてたまらなかった私が思う辞めどきのサイン

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter であいりーんをフォローしよう!

スポンサーリンク









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

日本語・英語・スペイン語(少し)喋る帰国子女。 現在、スペイン語・ドイツ語勉強中。 アメリカのISSAパーソナルトレーナーの資格持ち。 外国の考え方をメインに遠距離恋愛から国際結婚に至った女の恋愛のコツ、結婚手続き、語学勉強方法を紹介。 趣味の筋トレ・旅行・サーフィンに関しても少し綴ってます。